慈善基金会

2017年第138回:慈善基金会“KHMER SIGHT FOUNDATION”

2017年11月8日、リーダーのBoy Teoが率いるBoy Groupチームのメンバーが、カンボジアにある寄付金を必要としている慈善基金会“Khmer Sight Foundation” の調査に向かいました。

当基金会はカンボジアの白内障やその他の目の病気を患っている貧しい人に、無料の治療を提供することを使命としています。この慈善活動は各国の医者に支持され、ボランティアで現地の患者さんたちに治療と手術をしてくださいましたが、医療機器と医薬品を購入する費用はまだまだ足りず、寄付金に頼るしかありません。

それを聞いたBoy Groupチームは慈善100の精神の下、医療機器の購入のために募金活動を行いました。

第一段階で100万リンギット(約2782万円)の募金を集め、必要な医療機器を一部購入しました。

慈善100活動!

全国各地から慈善活動させて頂いております。

・天王寺公園近辺のゴミ清掃

・デイサービスでのお手伝い

・琵琶湖の清掃活動

・宮崎でのビーチクリーン活動

・子供食堂での炊き出し等

・老人ホームでのマジックショー

・福祉施設への雑巾寄贈活動

等々・・・・

まだまだご紹介できないほど本当にたくさんの方に「愛と善を届ける」慈善活動に参加して頂いております。

この輪をどんどん広げていきましょう。

 

 

 

スーパースピーカー研修in福岡

2017年11年12日、九州は福岡で初めてのスーパースピーカー研修が開催され九州各地、遠くは埼玉から300名の参加者が集合しました。
研修の最初は、講師のスピード感溢れる巧みな話術で会場は一体感満載となりました。まずは、“奇跡のような実現”をする為に「なぜスピーチを学ぶのか」必要性を話して頂きました。

次いで、インターネットプラス、資源統合、ファン忠実消費還元システム等の具体的な説明を受け、また、最先端の情報を聞くこともでしました。

更に「スーパースピーカーになるには」という題材でスピーチ手法に関する講義を詳細にして頂きました。

午後は、経験・実績共に豊富な講師による「三出三進」についての研修で始まり、初めて聞くという受講者もあり、真摯な雰囲気が会場を包みました。
参加者の皆様は研修前は不安と緊張に包まれた雰囲気でしたが、退場の際は「今日の講義を聞き人生に夢を持つ事が出来た」、「より良い情報を聞き、実践体験が出来た」、「充実した時間だった」と夢の実現に熱い想いを馳せ、各々満面の笑顔で退場されました。

 

スーパースピーカー研修in仙台

2017年11月5日、仙台で初めてのスーパースピーカー研修が247名の参加者で開催されました。

先週までのペナンでのイベントの模様を含め、会場内からは感嘆の声が出るなど受講生の興味を引き上げられました。

また、スピーチについて手法まで細かく伝授。

たくさんのメンバーから「今日はきて本当に良かった」「いままで勘違いしていたところがあった」等々、実り多い研修でした。