西日本豪雨支援活動報告

【西日本豪雨対策支援活動】についてたくさんの人・物資・時間等支援を頂きました。
支援についてはまだまだ継続してまいりますが、現在までの活動の一部報告させて頂きます。

●作業内容
・家の中の家財道具排出。
・軽トラで排出した物をゴミ置場へ運搬。
・高圧洗浄機で家全体の清掃。
am6:00Msquaer神戸で集合、水など支援物資を積み岡山へ。
倉敷市はまだ正式にボランティア受付の発表をしていない時期にもかかわらず、真備町に向かう高梁川を渡る橋の手前から大渋滞でした。
家全体、町全体が泥だらけでした。
使える物残しておく物を選定してもらい、全てを外へ出していきましたが、ほぼ全てが使える状況ではなかったです。
2階も全ての家具が倒れ、水を含んでいました。
タンスは木が水で膨張し開かない状況でしたので、壊しながら排出していきました。
軽トラで何回もゴミ置場へ運搬しました。
11日は電気は通ってませんが、水道からは水が出ていました。
発電機と大量に積んできた水と水道水を使い、家の中全体を高圧洗浄機により清掃しました。

●支援者感想
今回は沢山の人員による支援でしたので、周りの家に比べかなり早く作業は済みました。
目に見える部分はキレイになりましたが、床下など目に見えない部分はどうなっているのか分からないです。
家財道具も全く無い状態ですので、住むまでかなりの時間が必要だと思います。
避難所は1時間も離れた場所で、この日やっと仮設のお風呂やクーラーが入る予定だそうです。期限の切れたお弁当やパンを食べ、ご家族が多くの方が腹痛を訴えたと聞きました。避難所生活をされてる方の過酷な状況に胸が痛みました。

●支援物資
・水
・タオル
・下着
・トイレットペーパー
・Tシャツ Lサイズ Mサイズ
・フキン、紙コップ、皿
・ナイロン袋
・手袋
・レトルト食品など
※持ってきた水の3分の1程を近くの支援物資が集まる体育館へ持って行きました。

●被災者感想
みなさま、暑い中、遠方から本当にありがとうございました。感謝しております。
みなさまにしていただいたことは忘れません。
また町が落ち着き復興しましたら必ず遊びに来てください。
本当にありがとうございました。

まごごろ募金について

皆様からご支援頂きました、西日本豪雨への「まごころ募金」の金額は現在¥2,901,743集まりました。
またMsquare神戸には皆様からお送り頂いた支援物資が毎日たくさん届いています。
皆様のまごころ、本当にありがとうございます!

今後もteamTVでは被災地の皆さまに長期的な支援を考えています。

支援の内容は状況や環境によって日々必要なものが変化しています。
もちろん行政も動きだしてライフラインは確保されつつあります。
そこでteamTVは今後の支援を物資ではなく、各被災者が生活に本当に必要な物を購入できる
物資購入用支援金の募集をさせて頂こうと思います。
被災されたお宅には家財道具はもちろん今日明日の着替えまで全て泥水に浸かり全てを失いました。
1日も早い復興と笑顔、安心を取り戻していただく為、皆様からの「まごころ募金」をよろしくお願いします。

募金や支援についての詳細は各リーダー様までお問合せ下さい。

この度の集中豪雨で被災されています方に心よりお見舞い申し上げます。

被害の甚大さに対し、TVとしては慈善推進を中心にチームをあげて取り組みたく『TV西日本豪雨対策本部』を設置しました。

生活用水や食料不足など切迫した声が届いており、速やかな支援が必要です。

慈善推進では、今回の水害支援の為の”まごころ”募金と物資支援を行います。

皆さんの”まごころ”をこちらにお願い致します

【TV慈善推進チーム口座】
ゆうちょ銀行からの振込
記号  15410
番号  38475001
口座名 TV慈善推進チーム

ゆうちょ銀行以外からの振込
ゆうちょ銀行
店名 五四八(読み  ゴヨンハチ)
店番  548
預金種目 普通預金
口座番号  3847500
口座名  TV慈善推進チーム

※お振込み名義欄に
『お名前+チーム+水害』
とご記入ください。

集めさせて頂いた”まごころ”募金は、現地の方の声を反映して使途を決めさせて頂きたいと思います。

 

下記の物資も募集しています

タオル・バスタオル類、
拭き取り用使い捨て紙、
不要になった服も可
目的:家屋や家具の泥ふき取り用
タオル・衣類は使用済みでも可

家具や家屋の仕上げ用の綺麗な物もあれば嬉しいです。


目的:断水の為の飲料水
家屋、家具の泥落とし、拭き取り用

提供頂けるものは、一度teamTVofficeにて預かり、そこから必要とされている被災地域に運びます。

送り先住所
〒650-0023
神戸市中央区栄町通3-6-1
ライオンズタワー神戸元町 2階
Msuquea神戸
TV西日本豪雨対策本部 行き

何卒、ご協力をお願い致します。

慈善基金会

2017年第138回:慈善基金会“KHMER SIGHT FOUNDATION”

2017年11月8日、リーダーのBoy Teoが率いるBoy Groupチームのメンバーが、カンボジアにある寄付金を必要としている慈善基金会“Khmer Sight Foundation” の調査に向かいました。

当基金会はカンボジアの白内障やその他の目の病気を患っている貧しい人に、無料の治療を提供することを使命としています。この慈善活動は各国の医者に支持され、ボランティアで現地の患者さんたちに治療と手術をしてくださいましたが、医療機器と医薬品を購入する費用はまだまだ足りず、寄付金に頼るしかありません。

それを聞いたBoy Groupチームは慈善100の精神の下、医療機器の購入のために募金活動を行いました。

第一段階で100万リンギット(約2782万円)の募金を集め、必要な医療機器を一部購入しました。

慈善100活動!

全国各地から慈善活動させて頂いております。

・天王寺公園近辺のゴミ清掃

・デイサービスでのお手伝い

・琵琶湖の清掃活動

・宮崎でのビーチクリーン活動

・子供食堂での炊き出し等

・老人ホームでのマジックショー

・福祉施設への雑巾寄贈活動

等々・・・・

まだまだご紹介できないほど本当にたくさんの方に「愛と善を届ける」慈善活動に参加して頂いております。

この輪をどんどん広げていきましょう。